あっちゃんずぶろぐ3

自作の詰将棋とかいろいろ

ほぼ同一作?

歩6類型を研究していたら次のようなものができました。

f:id:acchan3:20210213193504g:plain

後手の持駒:飛 金三 銀三 桂三 香二 歩十五 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 香v飛vとv桂 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 馬 ・v角 ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 

▲8四銀 △9四玉 ▲8三銀不成△9三玉 ▲9二銀成 △9四玉 ▲7六馬 △8五歩
▲9三飛 △8四玉 ▲8五香 △7四玉 ▲9四飛成 △7三玉 ▲8三香成 △6二玉
▲6四龍 △5一玉 ▲5二歩 △同 玉 ▲5三香 △4一玉 ▲4二歩 △3一玉
▲3四龍 △2二玉 ▲6六馬 △1二玉 ▲3二龍 △1三玉 ▲2二龍 △1四玉
▲1五歩 △同 玉 ▲3三馬 △1六玉 ▲3四馬 △1七玉 ▲3五馬 △1八玉
▲3六馬 △1九玉 ▲3七馬 △1八玉 ▲2八馬
まで45手詰

 

これはイケてるか?でも、なんか見たことあるような・・・。

 

ということで探してみたら奥薗さんの作に次のようなものがあるようです。

f:id:acchan3:20210213193644g:plain

後手の持駒:飛 金三 銀三 桂四 香二 歩十五 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
|v香 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
|v玉 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
|v歩 ・ 銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ 香v飛vと ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 馬 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・v角 ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:歩 

▲8四銀 △9四玉 ▲8三銀不成△9三玉 ▲9二銀成 △9四玉 ▲7六馬 △8五歩
▲9三飛 △8四玉 ▲8五香 △7四玉 ▲9四飛成 △7三玉 ▲8三香成 △6二玉
▲6四龍 △5一玉 ▲5二歩 △同 玉 ▲5三香 △4一玉 ▲4二歩 △3一玉
▲3四龍 △2二玉 ▲6六馬 △1二玉 ▲3二龍 △1三玉 ▲2二龍 △1四玉
▲1五歩 △同 玉 ▲4八馬 △1四玉 ▲4七馬 △1五玉 ▲2五馬
まで39手詰

 

収束がちょっと違うだけでほぼ同一手順。

 

というわけで供養でした。

「砂丘」セレクション その6 「砂丘」第22番

砂丘第22番

 平成17年4月・おもちゃ箱

f:id:acchan3:20210105205845g:plain

 13に逃げられると手が付けられなくなるので12金は絶対手。同玉、21銀生、同玉までは一直線。

f:id:acchan3:20210105210012g:plain

ここで桂を成るしかないが31桂成は同玉で後が続かず。11桂成。同玉と取ってくれれば55角で簡単なので31玉と逃げる。34飛、同馬、33香、同馬で馬が質駒になった。

f:id:acchan3:20210105210049g:plain

21成桂、同玉33桂生で馬を入手。11玉、21桂成、同玉、12角、31玉はスムーズに進む。

f:id:acchan3:20210105210123g:plain

ここで41飛成がこれしかない手なのだが英断。同玉23角成

f:id:acchan3:20210105210149g:plain

32金合が厄介な変化だが、52歩成、31玉、42と、同金、同銀成、同玉、33金、52玉、55香、同桂、62金迄早い。よって31玉と逃げるのが正解。

f:id:acchan3:20210105210220g:plain

ここからが本局の目玉手順。42銀成、同玉、52歩成、31玉、42と、同玉、53金、31玉、42金。ホイホイと駒を捌く。同玉75角と角が世に出て香を補充。

f:id:acchan3:20210105210244g:plain

53歩合とするのが自然な応手で以下同角成、同玉として筋に入った。55香、同桂、44金

f:id:acchan3:20210105210312g:plain

ここからは詰上がりまで一直線。同玉、45香、53玉、54歩、同玉、32馬、53玉、43馬迄47手。詰上がり「ラ」。

f:id:acchan3:20210105210347g:plain

 

【詰手順】

12金、同玉、21銀生、同玉、11桂成、31玉、

34飛、同馬、33香、同馬、21成桂、同玉、

33桂生、11玉、21桂成、同玉、12角、31玉、

41飛成、同玉、23角成、31玉、42銀成、同玉、

52歩成、31玉、42と、同玉、53金、31玉、

42金、同玉、75角、53歩合、同角成、同玉、

55香、同桂、44金、同玉、45香、53玉、

54歩、同玉、32馬、53玉、43馬迄47手。

 

47手と長丁場だが解いてみると意外と易しい。42の地点への銀成から角が世に出るまでの捌きはお見事。作者によるともともと9手詰だったとのことだが改良して本図を得たとのこと。作者の会心作だろう。

 

 

加賀孝志─煙詰的追い方。駒を消しながら中央へ 捌きがキレイ。

まっつぁんこ─服部流としては異色のさばきが目立つ作(駒取り駒交換がめだたない)

占魚亭─40手台後半とは思えない軽やかさ。好みの作品です!

おかもと─55金が質駒なので、それを見越して駒をさばいていくのだが、ここまで徹底すると快感かも。

 

# ---- 柿木将棋Ⅸ V9.34 棋譜ファイル ----
作品番号:砂丘22番
作者:服部彰夫
発表誌:おもちゃ箱
発表年月:2005年4月
出典:砂丘出版記念
手数:47
手合割:平手  
後手の持駒:金 桂 歩十六 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ 飛 銀v玉 ・|二
| ・ ・ ・ 歩 歩v桂 ・ 桂 ・|三
| ・ ・ ・ 金 ・ ・v香v馬 ・|四
| ・ ・v香 香v金 桂 ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ 角 香 銀 ・ ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 銀 ・ 飛 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 
先手:
後手:
手数----指手---------消費時間--
1 1二金打 ( 0:02/00:00:02)
2 同 玉(22) ( 0:01/00:00:01)
3 2一銀(32) ( 0:02/00:00:04)
4 同 玉(12) ( 0:00/00:00:01)
5 1一桂成(23) ( 0:00/00:00:04)
6 3一玉(21) ( 0:00/00:00:01)
7 3四飛(37) ( 0:00/00:00:04)
8 同 馬(24) ( 0:00/00:00:01)
9 3三香打 ( 0:00/00:00:04)
10 同 馬(34) ( 0:00/00:00:01)
11 2一成桂(11) ( 0:00/00:00:04)
12 同 玉(31) ( 0:00/00:00:01)
13 3三桂(45) ( 0:00/00:00:04)
14 1一玉(21) ( 0:00/00:00:01)
15 2一桂成(33) ( 0:00/00:00:04)
16 同 玉(11) ( 0:00/00:00:01)
17 1二角打 ( 0:00/00:00:04)
18 3一玉(21) ( 0:00/00:00:01)
19 4一飛成(42) ( 0:02/00:00:06)
20 同 玉(31) ( 0:00/00:00:01)
21 2三角成(12) ( 0:01/00:00:07)
22 3一玉(41) ( 0:00/00:00:01)+
23 4二銀成(51) ( 0:00/00:00:07)
24 同 玉(31) ( 0:00/00:00:01)
25 5二歩成(53) ( 0:00/00:00:07)
26 3一玉(42) ( 0:00/00:00:01)
27 4二と(52) ( 0:00/00:00:07)
28 同 玉(31) ( 0:00/00:00:01)
29 5三金(64) ( 0:00/00:00:07)
30 3一玉(42) ( 0:00/00:00:01)
31 4二金(53) ( 0:00/00:00:07)
32 同 玉(31) ( 0:00/00:00:01)
33 7五角(66) ( 0:00/00:00:07)
34 5三歩打 ( 0:00/00:00:01)
35 同 角成(75) ( 0:00/00:00:07)
36 同 玉(42) ( 0:00/00:00:01)
37 5五香(56) ( 0:00/00:00:07)
38 同 桂(43) ( 0:00/00:00:01)
39 4四金打 ( 0:00/00:00:07)
40 同 玉(53) ( 0:00/00:00:01)
41 4五香打 ( 0:00/00:00:07)
42 5三玉(44) ( 0:00/00:00:01)
43 5四歩打 ( 0:00/00:00:07)
44 同 玉(53) ( 0:00/00:00:01)
45 3二馬(23) ( 0:00/00:00:07)
46 5三玉(54) ( 0:00/00:00:01)
47 4三馬(32) ( 0:00/00:00:07)
48 詰み ( 0:00/00:00:01)
まで47手詰

変化:22手
22 3二金打 ( 0:05/00:00:06)
23 5二歩成(53) ( 0:01/00:00:08)
24 3一玉(41) ( 0:00/00:00:06)
25 4二と(52) ( 0:00/00:00:08)
26 同 金(32) ( 0:00/00:00:06)
27 同 銀成(51) ( 0:00/00:00:08)
28 同 玉(31) ( 0:00/00:00:06)
29 3三金打 ( 0:00/00:00:08)
30 5二玉(42) ( 0:00/00:00:06)
31 5五香(56) ( 0:00/00:00:08)
32 同 桂(43) ( 0:00/00:00:06)
33 6二金打 ( 0:00/00:00:08)
34 詰み ( 0:00/00:00:06)
まで33手詰

あっちゃんの大道棋研究 - 2 「なし2類型」の研究 基本編

「なし2類型」とは


持駒なしの類型はいくつかありますがそのうちの1つです。
元ネタと思われるものから紹介していきましょう。
将棋図巧の第31番が起源と言われています。
というわけで図巧31番をまずは御紹介。

f:id:acchan3:20200914235652g:plain

本手順
83香成、同玉、84飛、72玉、63桂成、同角、73飛、81玉、71銀成、同金、92金、同玉、74馬、同角、94飛、81玉、92飛成、同玉、84桂、81玉、71飛成、同玉、72金、
まで23手
「本手順」と記載したのは変化長手数のキズがあるため。古典詰将棋ではよくあることです。
本局の詳しい変化紛れ等は詰将棋博物館でご覧ください。


それはさておき途中図を再掲。

f:id:acchan3:20200914235737g:plain



この図がなし2類型の基本図となります。
さらに2手戻した図

f:id:acchan3:20200914235810g:plain



こちらを展開したものもいくつか作られているのですが省略します(どれも92金、同玉が入るだけの「逆算」に過ぎません)。

 

基本図は変化長手数のキズがありますが、大道棋屋さんとしては74馬を見つけられた時点で降参、後はキレイに詰まされようという心意気ではないかと想像します。

 

次に作例をお見せしましょう。


秘手500番第9番

f:id:acchan3:20200914235846g:plain


73飛、84飛が龍にかわり持駒桂が玉方の94桂にかわっています。あとはちょこっと変形されています。そのちょこっとに本当は意味があるのですが(笑)

 

とっかかりとして
1 基本図手順の74馬
2 93龍上と入って94桂を残す手
3 94龍で持駒として桂を入手

ぐらいでしょうか。


1 74馬は同角と取ってくれれば94龍、81玉、92龍以下基本図の手順で詰みます。
しかし、冷静に81玉と引かれてみると54銀がよく働いていて詰みません。


2 93龍上と入ってくるのはちょっと強い人。81玉の一手に91龍、同玉に71龍でどうだ!香合などの合駒には83桂とし、同歩なら82金。92玉には93金迄。ということで81への合駒を桂にされてみると今度は詰まず。残念でした。


3 94龍と桂を取る。これが実は正解。81玉の一手に91龍、同玉と進めます。ここで71龍と慌てて取ると先ほどの81桂合でまた奉納になってしまいます。83桂が正解。取れない(取ると82金迄)ので92玉ですが84桂と打ち、93玉に72桂成。ここまで行けば簡単でしょう。92玉に82成桂、同金、91桂成、同玉、93龍、92合、82金迄。お見事。

 

本来ならもう少し作例を紹介しておきたいところなのですが、困ったことに、この類型、秘手500番に何局か載っているのですが余詰作が無茶苦茶多いのです。配置が大きく広がったものも散見されて自信をもって例題として使えそうなのは僅か。興味ある方は詰将棋博物館に秘手500番が収録されていますのでご覧ください。(余詰作多いので注意)


ところで、大道棋のバイブルというべき「大道棋奇策縦横」には本類型は掲載されていません。なぜ掲載されなかったのかはよくわかりませんが形幅清氏に改作する気が起きなかったというのが最も大きな理由と思います(形幅氏が改作に取り組めばもっと大作ができていたはず)。しかし余詰作が多かったというのも一因ではないでしょうか。

自作を交えて例題を増やせば内容は膨らみますがそれはまたの機会に。

「砂丘」セレクション その5 「砂丘」第21番

砂丘第21番

 昭和54年1月・詰パラ

f:id:acchan3:20200623215412g:plain

初形から取っかかりが難しい。59金、同玉、49金迄は何とか進む。

f:id:acchan3:20200623215421g:plain

ここで同玉とする変化がかなり難解で、38馬、同と、69飛、59角合、58銀、39玉、59飛、48玉、47金、59玉、77角、68歩合、同角、同玉、69歩、59玉、77馬、58玉、38龍、69玉、68龍迄。この変化だけで1局分のボリュームがあるといえよう。従って同玉ではなく69玉が正解、59金と追従し、同玉と進める。

f:id:acchan3:20200623215429g:plain

これで手に窮したかに思えるが、68銀と打つのが気付きにくい好手。同玉の一手に38龍と飛を入手、57玉、67飛、56玉、55馬と進む。

f:id:acchan3:20200623215449g:plain

ここの変化もまた厄介で67玉とすると78金、76玉、54馬右、85玉、76馬、同玉、77金、75玉、66馬、85玉、76馬、95玉、86金迄。この変化もボリュームあり。よってここも同玉と取るしかない。

ここから本当に詰むのだろうかと思えるが、44銀、同玉、34金という進行はなかなか見えにくい。というのも44銀、同桂でダメそうにみえるが64銀生、56玉に45馬がいい手で以下同玉、55金迄で45馬が気付きにくい。

f:id:acchan3:20200623215502g:plain

55玉と逃げ、56歩、同玉に先ほども出てきた45馬が好手。同と、47龍としてようやくゴールが見えてきた。

f:id:acchan3:20200623215517g:plain

ここから一本道で55玉、56歩、同と、64銀生、同桂、44龍迄29手。詰上がり「ナ」。

f:id:acchan3:20200623215531g:plain

【詰手順】

59金、同玉、49金、69玉、59金、同玉、

68銀、同玉、38龍、57玉、67飛、56玉、

55馬、同玉、44銀、同玉、34金、55玉、

56歩、同玉、45馬、同と、47龍、55玉、

56歩、同と、64銀生、同桂、44龍迄29手。

 

7手目68銀、17手目34金が難手で変化がかなりのボリューム。服部局詰ここにありという感じの一局。

 

加賀孝志─金の捌きから始まり大駒捨て。氏の作としては素直。

まっつぁんこ─序盤の金消去から68銀がハイライト。

占魚亭─変化も平易で、スッキリとした感じ。馬が消え、飛(竜)は残る対照性もいいですね。

おかもと─最下段の金2枚を消して68銀から38龍、という筋は浮かんでも、4手目49同玉の変化が悩ましい。玉を中央に追い上げてからは、44銀から34金とするのが見えにくい手。そして45馬が決め手で「ナ」が浮かび上がる。

 

kifファイル

# ----  柿木将棋Ⅸ V9.34 棋譜ファイル  ----
作品番号:砂丘21番
作者:服部彰夫
発表誌:詰将棋パラダイス
発表年月:1979年1月
手数:29
手合割:平手  
後手の持駒:桂二 香四 歩十三 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・v桂 ・ ・ ・ ・|二
| ・ ・ 銀 ・v歩 ・ ・ ・ ・|三
| ・ ・v歩 ・v桂v歩 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・v金 ・ 銀 ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ 銀vと 龍 ・ ・|六
| ・ ・ ・ ・ 金vと ・ 馬 ・|七
| ・ 馬 ・ ・ ・ ・v龍 ・ ・|八
| ・ ・ ・v玉 ・ 金 金 ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:銀 
先手:
後手:
手数----指手---------消費時間--
   1 5九金(49)   ( 0:00/00:00:00)
   2 同 玉(69)   ( 0:00/00:00:00)
   3 4九金(39)   ( 0:00/00:00:00)
   4 6九玉(59)   ( 0:00/00:00:00)+
   5 5九金(49)   ( 0:00/00:00:00)
   6 同 玉(69)   ( 0:00/00:00:00)
   7 6八銀打     ( 0:00/00:00:00)
   8 同 玉(59)   ( 0:00/00:00:00)+
   9 3八龍(36)   ( 0:00/00:00:00)
  10 5七玉(68)   ( 0:00/00:00:00)+
  11 6七飛打     ( 0:00/00:00:00)
  12 5六玉(57)   ( 0:00/00:00:00)
  13 5五馬(88)   ( 0:00/00:00:00)
  14 同 玉(56)   ( 0:00/00:00:00)+
  15 4四銀(35)   ( 0:00/00:00:00)
  16 同 玉(55)   ( 0:00/00:00:00)+
  17 3四金打     ( 0:00/00:00:00)+
  18 5五玉(44)   ( 0:00/00:00:00)
  19 5六歩打     ( 0:00/00:00:00)
  20 同 玉(55)   ( 0:00/00:00:00)+
  21 4五馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
  22 同 と(46)   ( 0:00/00:00:00)+
  23 4七龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  24 5五玉(56)   ( 0:00/00:00:00)
  25 5六歩打     ( 0:00/00:00:00)
  26 同 と(45)   ( 0:00/00:00:00)
  27 6四銀(73)   ( 0:00/00:00:00)
  28 同 桂(52)   ( 0:00/00:00:00)
  29 4四龍(47)   ( 0:00/00:00:00)
  30 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで29手詰

変化:22手
  22 同 玉(56)   ( 0:00/00:00:00)
  23 3五龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  24 5六玉(45)   ( 0:00/00:00:00)
  25 6五龍(35)   ( 0:00/00:00:00)
  26 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで25手詰

変化:20手
  20 同 と(46)   ( 0:00/00:00:00)
  21 3五龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  22 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで21手詰

変化:17手
  17 4五歩打     ( 0:00/00:00:00)
  18 同 と(46)   ( 0:00/00:00:00)
  19 同 馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
  20 同 玉(44)   ( 0:00/00:00:00)
  21 3五金打     ( 0:00/00:00:00)
  22 5五玉(45)   ( 0:00/00:00:00)
  23 5六歩打     ( 0:00/00:00:00)
  24 同 玉(55)   ( 0:00/00:00:00)
  25 4七龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  26 5五玉(56)   ( 0:00/00:00:00)
  27 4五金(35)   ( 0:00/00:00:00)
  28 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで27手詰

変化:16手
  16 同 桂(52)   ( 0:00/00:00:00)
  17 6四銀(73)   ( 0:00/00:00:00)+
  18 5六玉(55)   ( 0:00/00:00:00)
  19 4五馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
  20 同 玉(56)   ( 0:00/00:00:00)+
  21 5五金打     ( 0:00/00:00:00)
  22 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで21手詰

変化:20手
  20 同 と(46)   ( 0:00/00:00:00)
  21 4七龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  22 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで21手詰

変化:17手
  17 5四馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
  18 同 玉(55)   ( 0:00/00:00:00)
  19 6四銀成(73) ( 0:00/00:00:00)
  20 4三玉(54)   ( 0:00/00:00:00)
  21 5五桂打     ( 0:00/00:00:00)
  22 4二玉(43)   ( 0:00/00:00:00)
  23 4三歩打     ( 0:00/00:00:00)
  24 5二玉(42)   ( 0:00/00:00:00)
  25 3二龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  26 6一玉(52)   ( 0:00/00:00:00)
  27 6二金打     ( 0:00/00:00:00)
  28 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで27手詰

変化:14手
  14 6七玉(56)   ( 0:00/00:00:00)
  15 7八金打     ( 0:00/00:00:00)
  16 7六玉(67)   ( 0:00/00:00:00)
  17 5四馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
  18 8五玉(76)   ( 0:00/00:00:00)
  19 7六馬(54)   ( 0:00/00:00:00)
  20 同 玉(85)   ( 0:00/00:00:00)
  21 7七金(78)   ( 0:00/00:00:00)
  22 8五玉(76)   ( 0:00/00:00:00)
  23 8八龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  24 9五玉(85)   ( 0:00/00:00:00)
  25 8六龍(88)   ( 0:00/00:00:00)
  26 9四玉(95)   ( 0:00/00:00:00)
  27 8四銀成(73) ( 0:00/00:00:00)
  28 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで27手詰

変化:10手
  10 同 と(47)   ( 0:00/00:00:00)
  11 5八飛打     ( 0:00/00:00:00)
  12 6九玉(68)   ( 0:00/00:00:00)
  13 7八馬(88)   ( 0:00/00:00:00)
  14 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで13手詰

変化:8手
   8 同 龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
   9 3九龍(36)   ( 0:00/00:00:00)
  10 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで9手詰

変化:4手
   4 同 玉(59)   ( 0:00/00:00:00)
   5 3八馬(27)   ( 0:00/00:00:00)
   6 同 と(47)   ( 0:00/00:00:00)
   7 6九飛打     ( 0:00/00:00:00)
   8 5九角打     ( 0:00/00:00:00)
   9 5八銀打     ( 0:00/00:00:00)
  10 3九玉(49)   ( 0:00/00:00:00)
  11 5九飛(69)   ( 0:00/00:00:00)
  12 4八玉(39)   ( 0:00/00:00:00)
  13 4七金(57)   ( 0:00/00:00:00)
  14 5九玉(48)   ( 0:00/00:00:00)
  15 7七角打     ( 0:00/00:00:00)
  16 6八歩打     ( 0:00/00:00:00)
  17 同 角(77)   ( 0:00/00:00:00)
  18 同 玉(59)   ( 0:00/00:00:00)
  19 6九歩打     ( 0:00/00:00:00)
  20 5九玉(68)   ( 0:00/00:00:00)
  21 7七馬(88)   ( 0:00/00:00:00)
  22 5八玉(59)   ( 0:00/00:00:00)
  23 3八龍(36)   ( 0:00/00:00:00)
  24 6九玉(58)   ( 0:00/00:00:00)
  25 6八龍(38)   ( 0:00/00:00:00)
  26 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで25手詰

「砂丘」セレクション その4 「砂丘」第17番

砂丘第17番

 平成17年7月・砂丘

f:id:acchan3:20200620214440g:plain

 初形から見て36の桂が動けば飛と馬が使えるようになり詰みそうだと予想がつく。そのためにはまず玉を12に移動させればよいと考えていくと11銀生、13玉、22銀生、同玉、62飛成、13玉、12龍、同玉迄はほぼ一本道。

f:id:acchan3:20200620214506g:plain

ここで待望の24桂左が実現、13玉、12桂成、同玉。今度は17飛と回ることも考えてもう片方の桂も消去したいので24桂。13玉には17飛で詰んでしまうので23玉と躱す。

f:id:acchan3:20200620214528g:plain

ここ迄来ればあとは比較的ラク33香成、24玉、35角、33玉、44角、同玉はスラスラと進む。

f:id:acchan3:20200620214547g:plain

収束も特に難しいところなく45香、55玉、64銀、54玉、34飛、45玉、56馬迄27手。詰上がり「レ」。

f:id:acchan3:20200620214603g:plain

【詰手順】

11銀生、13玉、22銀生、同玉、62飛成、13玉、

12龍、同玉、24桂左、13玉、12桂成、同玉、

24桂、23玉、33香成、24玉、35角、33玉、

44角、同玉、45香、55玉、64銀、54玉、

34飛、45玉、56馬迄27手。

 

服部作=難しいと敬遠されがちだがこれくらいの難度(少し考えれば手順がスラスラ出てくる)のものもたまにはよいかと。2枚の桂の舞にリズム感が感じられる。

 

加賀孝志─中央に持って行けるかどうか不安がつきまとう。紛れ多し。

まっつぁんこ─鮮やかな邪魔ゴマ消去。

占魚亭─軽快で心地よい捌きで、一気に収束していく流れが見事。

おかもと─ほとんど無防備図式の初形から、12銀、64飛、36桂、16桂を順に消して下段の大駒を働かせる。これでよく余詰まないものだ。

 

kifファイル

# ----  柿木将棋Ⅸ V9.34 棋譜ファイル  ----
作品番号:砂丘17番
作者:服部彰夫
発表誌:砂丘
発表年月:2005年7月
手数:27
手合割:平手  
後手の持駒:金三 銀 桂 香 歩十六 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|一
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・v玉 銀|二
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|三
| ・ ・ ・ 飛 銀 ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 歩v銀 香 ・ ・|五
| ・ ・ ・ 香 ・ 香 桂 角 桂|六
| ・ ・ ・ 金 ・ 馬 飛 ・ ・|七
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
先手:
後手:
手数----指手---------消費時間--
   1 1一銀(12)   ( 0:00/00:00:00)
   2 1三玉(22)   ( 0:00/00:00:00)
   3 2二銀(11)   ( 0:00/00:00:00)
   4 同 玉(13)   ( 0:00/00:00:00)
   5 6二飛成(64) ( 0:00/00:00:00)
   6 1三玉(22)   ( 0:00/00:00:00)
   7 1二龍(62)   ( 0:00/00:00:00)
   8 同 玉(13)   ( 0:00/00:00:00)
   9 2四桂(36)   ( 0:00/00:00:00)
  10 1三玉(12)   ( 0:00/00:00:00)
  11 1二桂成(24) ( 0:00/00:00:00)
  12 同 玉(13)   ( 0:00/00:00:00)
  13 2四桂(16)   ( 0:00/00:00:00)
  14 2三玉(12)   ( 0:00/00:00:00)+
  15 3三香成(35) ( 0:00/00:00:00)
  16 2四玉(23)   ( 0:00/00:00:00)
  17 3五角(26)   ( 0:00/00:00:00)
  18 3三玉(24)   ( 0:00/00:00:00)
  19 4四角(35)   ( 0:00/00:00:00)
  20 同 玉(33)   ( 0:00/00:00:00)
  21 4五香(46)   ( 0:00/00:00:00)
  22 5五玉(44)   ( 0:00/00:00:00)
  23 6四銀打     ( 0:00/00:00:00)
  24 5四玉(55)   ( 0:00/00:00:00)
  25 3四飛(37)   ( 0:00/00:00:00)
  26 4五玉(54)   ( 0:00/00:00:00)
  27 5六馬(47)   ( 0:00/00:00:00)
  28 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで27手詰

変化:14手
  14 1三玉(12)   ( 0:00/00:00:00)
  15 1七飛(37)   ( 0:00/00:00:00)
  16 2三玉(13)   ( 0:00/00:00:00)
  17 1二飛成(17) ( 0:00/00:00:00)
  18 2四玉(23)   ( 0:00/00:00:00)
  19 1四馬(47)   ( 0:00/00:00:00)
  20 詰み         ( 0:00/00:00:00)
まで19手詰